セックスレス.com

セックスレスとは何か

■セックスレスと心理的要因

セックスレスの要因の一つでもあるED(勃起障害)には、心因性のものもあり、その状態によって2つに大別することが出来ます。一つ目は、現実心因というもので、日常のほんの些細なことがストレスとなり原因となるというものです。例えば、「だめな男」、「役立たず」といった事をストレートに、あるいは間接的に言われてしまい、敏感に反応することで、EDになってしまうということです。

ある意味言葉の暴力、衝撃といったことで心的外傷を負ってしまったという状態です。他にも、経済的なストレスがあったり、疲労感が最大限にある、といった自分でその原因の見当がつく場合には、カウンセリングあるいは投薬などで意外に簡単に治すこともできるようです。もう1つが、日常的な心理的なストレスではなく、潜在意識に眠っている過去のトラウマが引き起こす場合です。幼児期の体験や性的トラウマといったことがその原因ともなるのです。

心の深層にある原因、つまり深層心因の場合は、本人には見当がつかない事が多く、その原因がわかるようになるまでには時間がかかり、治療が難しくなるケースが多いようです。しかし、時間をかけてじっくりと自分自身と向かい合うことで、セックスレスの解消だけでなく人間関係に関する人生そのものに良い影響を与えることもあります。

以上のような心理的な要因は、男性側によるEDだけではなく、女性側のセックス拒否といった状態にもあてはまります。どちらに原因があるにせよ、夫婦というパートナーとして相手を気遣っていくといった意味でも、原因を深く掘り下げてお互いに理解しあうことが大切なのではないでしょうか。ある意味、セックスレスは夫婦という人間関係を考えさせてくれる良いチャンスでもあるのです。



人気のセックスレス解消マニュアル

セックスレスを解消し、パートナーをセックスコントロールできて超快楽を与える・・・


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2013 セックスレス.com All Rights Reserved.